Entries

スポンサーサイト

136

夏。セミ書房の西野さんと私ともう一人誰かとプールに向かって、藪のような坂道を下って歩いている。前を歩いていたヤンキーの夫婦がプールまで我慢できなくなったのか、途中の池に飛び込んでいた。西野さんは日に焼けて真っ黒だ。プールサイドで誰かに西野さんは漫画の話を熱く語っているのだが、西野さんの容姿がなんだかラッパーのBESのようにも見える。私はその話を聞きながら、プールの隅に立って、水中でピョンピョンとジ...

135

いつもより長く寝ていると夢を見やすい。(見やすいというか起きる前の薄い眠りが長くなって覚えていやすのかもしれない)今日も休みで長く寝ていたら、起きる直前に夢をみた。最初夢だと自覚していたんだけど、途中からその自覚はなくなった。だけど、意識の遠くの方で、見る夢を少しコントロールできた気がする。もしかしたらこれが明晰夢なのかもしれない(一瞬だけだったけど)。夢の内容・・・・127の女の子が12月になって出...

134

蕎麦の美味しい店がたくさんあるという絶壁の町に車できた。急斜面でしかも一車線なので移動しにくい。斜面の一番下のところに土産屋があったので、どこの店が一番オススメか聞こうとしたら、団体客がバスから降りて歩いてきた。その中に親戚のおばさんと従妹がいるのが見えた。私はこんなところに一人で来ているのを見られたら恥ずかしいと思い、残念だけど蕎麦も食べずにもう帰ろうと思った。...

133

自転車のタイヤをブリヂストンに替えたら、とても乗り心地がよくなった。私はうれしくなってしまい、春になったらインチアップしてホイールも替えようと自転車屋に電話して、ホイールのカタログをもらうように頼んだ。(実際の私は自転車に乗ることはほぼない)中学生になっている。下校中、何組もカップルがいて、うらやましいと思う。私も誰かと付き合いたいと思っていると、知らない女の子が私でどうですかという感じで話しかけ...

132

病院にお見舞いにやってきた。家の中に太った黒猫がいる。これはうちの飼い猫らしい。窓から汚い茶色の野良猫が入ってきた。飼い猫と区別がつきにくいのだが、なんとか野良猫を外に追い出した。...

131

今日は日曜で予定もなく、9時くらいまで寝ようと思ってたので、久しぶりに何か夢がみられると思ったけど、今回のは特にいい夢でもなかった。福祉施設で働くことになり、朝5時位に起きて車で出勤すると、既にみんないて外でキャッチボールをしていた。前からその施設で働いているM君が「遅いじゃん。ダメだぜ、それじゃ。」と笑いながら、私に話しかけてきてくれた。M君は同い年だけと、私のことを気にかけてくれるいい人だ(現実...

130

大学の教室で昼休みに演劇部の勧誘があるというので、見学に行く。見学者は車座になって部員の話を聞いているが、いつの間にかその場で演劇が行われていた。私は劇を見ながら、10年位前にKさんの結婚式で流す余興のビデオを撮ったときに演技が下手すぎて(というか恥ずかしくて挙動不審になっていた)、みんなからボロクソに言われたこと(これは実話)を思い出して、私なんかが演劇部に入らな方がいいんじゃないかと思ったけど、...

『ネクストマウンテン』第4号(フリーペーパー)

<内容>ひうち棚   「たわけと言わないで」(漫画)大西真人  「菜園だより」(季節のお便り文)木下竜一  「夢の話」(漫画)発行:山坂書房発行日:2016.11.3A6版 本文8ページコピー冊子【入手方法】ご希望の方は、当ブログのプロフィールのところにあるアドレスにメールください。また、何部か持ち歩いているので、会ったら声かけてもらえば渡します。発行人のひうち棚さんのお知り合いの関西方面の書店にも何部か置いて...

129

諏訪湖畔に「ねぎの町岡谷 B級グルメによく合うねぎ どんな町からの依頼にもお応えします」という大きな看板が立っている。私は最近の岡谷は、ねぎの生産に力を入れているのかと驚いた。どんな町からもということは反社会的な町からの依頼にも応えるということなのかなと思った。古い田舎の家が密集している道を歩いてうちに帰っている。尿意がすごい。途中放尿するのだけど全く尿意が治まらない。会社の人が路地裏にいたりする...

128

小学校の校庭の周りにある土手で、古本市が行われていて、私はドラキュラのコスプレをした売り子の女の子と座って話している。小柄で可愛い。キスをすると牙のようなものが奥歯に当たって痛い。女の子の口の中を見せてもらうと、舌の両脇に小型のペンチのようなものが仕組まれていて痛々しい。そこまでしてコスプレしているのかと感心したが、私の奥歯の詰物が取れてしまい、歯医者に行くのが面倒だなとおもった。女の子の携帯電話...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。